借金・投資バカでも1億つくりたい~今は仮想通貨が旬ですね~

ギャンブルで借金つくった元証券マン。あと300万あります笑。投資が大好きで、おもに仮想通貨・株式・投信で借金返済と資産1億めざしています(^o^)仮想通貨は約40種類、保有中です(*´ω`*)

カテゴリ: イベント

借金マン、つばき(@tubaki_tokyo1)です!


【本日のテーマ】
本当に参加してよかったッ!!『セミナー:第2回Blockchain for Development』


満足度1000%ッ!!

みなさま、お疲れ様です!

昨晩は、第2回Blockchain for Development』という、国際協力×ブロックチェーンという実務レベルのお話を聞きにいってきました。

詳細はこれです↓↓

Dai2kai-1

もうね…とてもね…


めっちゃ大満足です♪(*´∀`*)


めっちゃ当たりのセミナーで、自分の聞きたいことが全部聞けたし、めっちゃ楽しかったで、

心から参加してよかったと思えるセミナーでしたッ!!

いまから詳細を書いていきますが、下記に該当するかたにぜひ最後まで読んでいただきたいですッ!!(`・ω・´)ゞ


・ブロックチェーンってそもそもなに??

・ブロックチェーンは国際協力の場でどのように活かされているの??

・ブロックチェーンの未来とは??



上記に少しでも当てはまるかたは、ぜひ最後までお付き合いいただければ幸いです。

それではさっそくいきましょう!



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2238407661669678"
data-ad-slot="9743657496">




昨日のゲストスピーカーについて

本題に入る前に、昨晩のセミナーでは、


Ⅰそもそもブロックチェーンってなんだ??

Ⅱ国際協力とブロックチェーン

Ⅲ自分のトークンを作ってみよう!



という内容で進み、主に2人のスピーカーにご講演をいただきました。


お一人目は、高瀬俊明
@toshiaki_takaseさん♪ 写真だと右の方です。↓↓


Dai2kai-1

指輪に永続的に消えないブロックチェーンで想いを刻むという、ISSHOという大変素敵なサービスを立ち上げられているかたです。

クラウドファンディングのキャンプファイヤーのサイトで、

【大切な人へ】指輪に愛の言葉を永遠に記録するサービス「ISSHO」を作ります!ISSHO


というプロジェクトを6月16日の23:59分まで行っていますので、興味あるかたはぜひ♪

ワイも昨日の講演のあと、大変素敵なサービスだとおもったので、このプロジェクトを支援するパトロンになってしまいましたww


お二人目には、狩野剛さん♪ 写真だと左の方です。↓↓

Dai2kai-1

現在、国際協力機構のJICAで働きながらミシガン大学情報大学院の博士課程に在籍中。

研究分野は「ITが途上国の経済発展にどのように貢献しうるか(ICT for Development)」で、ICT4D.JPの代表をお務めになっています!

お二方とも、トークが大変お上手で、端的に分かりやすくブロックチェーンや国際協力の現場のお話をしていただきました。

そういったなかで得た知識をいまからご紹介していきます!



Ⅰブロックチェーンってなんだ??

(1)ブロックチェーンというIT技術は価値の移転を可能にした

(2)なぜならブロックチェーンには4つの機能があるから(①分散性・②可用性・③透明性・④完全性)

(3)信用と価値



(1)ブロックチェーンというIT技術が価値の移転を可能にしたとはどういうことか??

インターネットの最大の革命性のひとつは、"メール"です。

自身が送付したい情報、例えば写真などの情報を、複製し添付し相手に送付できるからです。

たとえ
相手がどこにいようがだれだろうが問題ありません。

しかし写真などの情報をコピーし相手に送付することができても、価値の移転はできませんでした。

メールに自分のお金の情報を添付して送付することはできませんよね?

安全面でセキュリティが脆弱だからです。しかしブロックチェーンというIT技術はできます。

世界中のどこでもだれにでもビットコインなどの仮想通貨の送付ができるように。


(2)なぜならブロックチェーンには4つの機能があるから(分散性・可用性・透明性・完全性)

①分散性…みんなで管理すること

②可用性…いつでも使えること

③透明性…だれでも情報が見れること

④完全性…データの不整合がなくコピーできないこと

→1つのサーバーで情報を管理するのではなく、世界中の複数のサーバーで情報を管理するので(①分散性)、

1つのサーバーが止まっても他のサーバーが稼働していれば情報を取得することができ(②可用性)、

パソコンやスマホを持っている人はだれでも身分関係なく情報にアクセスでき(③透明性)、

ブロックチェーンは一番最初の情報から一番最後の情報まで鎖でつながった技術のため改ざんが大変難しい(④完全性)、

つまりブロックチェーンには4つの機能があるため、価値の移転が可能なのです!これはとても革新的なことです!


(3)信用と価値

いま国家などの組織信用から技術信用へと動き始めています。

(例)銀行システムを介さなくても、P2Pで個人同士のウォレットに、ビットコインなどを仮想通貨を送受信できる。

また価値の可視化が進んでいます。

個人の価値はvalu、組織(コミュニティ)の価値はfever、時間の価値はtimebank、モノの価値はcashone

という価値の可視化のサービスがどんどんでてきています。

さらに今後は、ある地域限定で使えるトークンエコノミーでその地域経済を回せるようになる可能性があるかもしれません。

いくつか事例を紹介します!


AIRSWAP…分散型取引所の一つ。ユーザー同士でP2Pで異なる種類のトークンの交換、つまり価値の交換ができます!

Crypto kitties…イーサリアムを使ったブロックチェーン上のネコのブリーダー・交換ゲーム。

革新的な点として、今までゲームのルールは企業が決めていたため、不明瞭でした。ルール変更とかはいつでもできます。

そして開発した企業が倒産すればゲームは終了します。

しかしブロックチェーンのゲームであればルールは明示されていて、勝手に変更することはできないため、信頼性バツグンです!

またデータは分散型管理なので、永遠にデータはイーサリアムのブロックチェーン上で残り続けます!

Storj…分散型のデータクラウドサービスです。

IOSのicoludやDropboxのようなデータ管理ですが、いままでのクラウドサービスだとデータが勝手に消される可能性がありました。

日本だとそういった事例はほぼないのかもしれませんが、

政府に不都合な情報だったり、反抗的な組織のデータを扱う人や地域に住んでいる人にとってはです。

そのため中央集権的な、ある企業がだした
icoludやDropboxのようなサービスだと、攻撃される可能性を恐れて、

本当に書き込みたい情報を残すことができないということがあったそうです。

しかしstorjのような分散型サービスであれば、データを暗号化してブロックチェーン上に残すので、かいざんはほぼ不可能です!(`・ω・´)b



Ⅱ国際協力とブロックチェーン

ここからは狩野さんの国際協力×ブロックチェーンのお話に移ります。

ブロックチェーンが国際協力の場でどのような場面で役立っているのかについてです。

(1)資金集めに役立つ

(2)実務団体の資金の透明化に役立つ


(3)現場で役立つ

(4)カテゴリ不可

(5)ブロックチェーンの課題と未来



(1)資金集めに役立つ

ユニセフ・イノベーション・ファンド

ユニセフが、脆弱な立場の子供たちの生活改善につながる、ブロックチェーン技術などの革新的技術をあつかう企業に対し、資金面で援助するプロジェクト。

なんとこのファンドは総額900万ドル=10億円以上もの資金を集めた(企業に提供できた)とのことです!


UNICEF Game Chaingers

ユニセフがシリア難民を救うために、パソコンでイーサリアムをマイニングし、採掘したイーサを難民支援のための資金とするマイニングソフトの提供のこと。

世界中から1000名前後の人が集まり、最終的に85ETH分の資金を難民の方に送金できたとのことです!


(2)実務団体の資金の透明化に役立つ

Building Blocks

シリア難民のための不正取引や不正支払いを撲滅するためのブロックチェーンのプロジェクト。

盗難や改ざんされる危険性があるパスポートなどの身分証明書がなくても、管理団体が目の虹彩を利用した生体認証を行うことにより、

難民はだれでも手ぶらで本人確認ができるようになったとのこと。その結果数百万ドルのセキュリティコストを削減でき、

削減できたお金を食料供給などに回すことができたそうです!


(3)現場で役立つ

BenBen

ガーナで土地登記にブロックチェーンを活用した事例。

いままでは登記に圧倒的に時間がかかっており、改ざんも容易であり、土地の権利を巡って人々の争いが絶えなかったとのことでした。

しかしブロックチェーンの技術を使ったことにより、早くかつ安く登記をすることができるようになり、争いが減っているとのことです!


(4)カテゴリ不可

Commons OS

だれでもかんたんに組織や社会システムなどを作り運営することができるプラットフォーム。組織通貨・地域通貨の作成や運用も可能!


解説↓↓

COMMONS OSを知るために必要な3つのこと

(出典:https://medium.com/@junshin)

仮想通貨で国家ができるとき
(出典:https://medium.com/@takehisasibata)


このCommons OSでは、地域通貨を使う際の税金を定め、その税金をどのように使うかということまで話し合いで決めることができるそうです!

つまり自分たちで仮想通貨(トークン)を発行し組織や地域の通貨として運用し、国と同じように公共の福祉などに使いますよ!

ということができる時代がキタ!ということです。すごいですねw

実際に北海道南富良野では、
Commons OSを使って小さな経済圏をつくる実験が行われたそうです!

この実証実験には、なんと孫泰蔵さん(ソフトバンクの孫正義さんの弟)さんも絡んでいます。↓↓

Image

(出典:発達障害者が働ける場を-ブロックチェーンで"自分たち経済圏"をつくる挑戦

上記の写真は、北海道南富良野町で実施した実証実験で、コミュニティ内の仮想通貨の動きを可視化したモノです。

もうね…自分たちで国のような運営組織を作れる時代になったということですよね…

すごすぎてお話を聞きながら震えていました笑。


(5)ブロックチェーンの課題と未来

以上、ブロックチェーンの様々なプロジェクトを見てきましたが、ブロックチェーンの課題と未来のご紹介です。


インフラ、デバイス、リテラシーが必要


ブロックチェーンという新技術があれば国家などの中央集権的な存在はいらなくなるは夢物語

なぜならブロックチェーンを利用したサービスを使ったとしても、利益が出れば居住地に納税義務は発生するなど、

ブロックチェーン単独では国家などの中央集権的な組織から独立はできないからです。


ブロックチェーンはしょせんITの新技術であり選択肢の一つ

ぜったいにあらゆるサービスにブロックチェーンが必要だと言える根拠がないからです。


ブロックチェーンの導入を成功させるためには、同時に社会システムも変革させなければならない

→たとえば、ブロックチェーンを導入することで汚職をなくせる可能性があったとしても、汚職をしている人たちにとっては、

そんな既得権益を破壊するシステムは導入したくないわけです。

つまりブロックチェーンを導入すると同時に、その組織をとりまく社会システムも変革させる必要があります!



Ⅲ自分のトークンを作ってみよう!

大変長くなり恐縮ですが、このパートはサクッと終わります…汗

いくらブロックチェーンや仮想通貨の概念が世界を変えるといってもピンと来ないので、

手を使って自分のオリジナルトークンを作っちゃいましょう♪というパートでした\(^o^)/

自分も専用の模擬トークンを作りましたよ♡↓↓

aaaaaaaaa

世界に100コしかない"SZK"トークンですw

"SZK"の意味は、SuZuKiからきています笑。

ただ今回作ったのはあくまで模擬トークンなので、経済的価値は0円ですッ!!

しかしブロックチェーン上で稼働しているのは事実ですッ!!(`・ω・´)ゞ

今回作ったトークンは、イーサリアムベースのERC20規格で作りました。

ERC20という規格の意味は、要はPS4で動くソフトなのか、switchで動くソフトなのかというイメージをしてもらえればわかりやすいですかね?

規格=具体的なルールが制定されており、

例えば"トークンの名前"、シンボル"、小数点"、発行量"、残高"、送金の可否"などが制定することができます。

その具体的なルールが制定されたイーサリアムの規格の一つが、"ERC20"だとおもってもらえればいいですよ!(`・ω・´)b

また"送金の方向性"を"一方方向"にすると、トークンを受け取った側は流通させることができません。

つまりトークンに"証明書"としての機能を持たせることができるというわけですね!

はじめてトークンの作成=プロダクトの作成を経験しましたが、とてもおもしろいと感じました!

慣れれば5~10分くらいで自分のトークンを作ることができますね!(^^)

ちなみに今回やった手順としては…


(1)メタマスク(イーサリアムウォレット)のDL

(2)ethereum ropsten faucetで模擬1ETHを自分のウォレットに送る

(3)
Remix - Solidity IDE - Ethereum.orgのコード欄に、https://www.ethereum.org/tokenのERC20のトークン作成コードをコピペ

(4)
Remix - Solidity IDE - Ethereum.orgトークンの名前とかシンボルとかポチポチ打ってマイトークン発行ッ!!(`・ω・´)b


という流れでしたw

これだけ聞くとなんか自分でもできるような気がしてきますよね?!

はじめてのトークン作成の場合は、上記の簡略したフローに、詳細な作業が加わるのでちょっと厳しいかもしれませんが、

一回慣れれば簡単だとおもいました♪(*´∀`*)

プログラミングの知識がまったくなくても、だれでもかんたんに自分のトークンや経済圏を作れるなんて、素晴らしい時代になりましたね!(嬉)



さいごに

Dai2kai-1

『セミナー:第2回Blockchain for Development』は、本当に素晴らしいセミナーでした!!(泣)

知りたいことが全部聞けた大変有意義なセミナーだったとおもいます♪(*´∀`*)

スピーカーの高瀬俊明@toshiaki_takaseさんと狩野剛さん、そして運営スタッフのみなさま、本当にありがとうございました!


また高瀬さんは、指輪に永続的に消えないブロックチェーンで想いを刻むという、ISSHOという大変素敵なサービスを立ち上げられているかたです。

クラウドファンディングのキャンプファイヤーのサイトで、

【大切な人へ】指輪に愛の言葉を永遠に記録するサービス「ISSHO」を作ります!ISSHO


というプロジェクトを6月16日の23:59分まで行っていますので、興味あるかたはぜひ♪


ちなみに今回のブロックチェーンセミナーは、『Peatix』というセミナー検索サイトで探しました!

また今回の会場は、ジーズアカデミーtokyoという"プログラミング×起業"をメインとした場所で開かれましたが、

スピーカーである高瀬さんはこのプログラミングコースの卒業生でもあったようです。

興味がある人はのぞいてみてください!(^^)

以上、大変長くなりましたが、セミナー参加の感想でした!


さいごに、ブロックチェーンと仮想通貨とBCHの未来が知りたい方は、ぜひこちらの記事もごらんください↓↓

第2回『What's BitcoinCash』に参加したので感想書きまっせ!!


今回は以上!、ご感想はコメント欄まで♪  それではまた~(^^)/


がんばりますので、応援クリック頂けますと、とてもうれしいです(><)

仮想通貨ランキング



【随時更新・オススメ記事まとめ】

いままで投稿したオススメ記事の索引です♪(*´∀`*)


借金マン、つばき(@tubaki_tokyo1)です!


【本日のテーマ】
第2回『What's BitcoinCash』に参加したので感想書きまっせ!!


ワイが選ぶ、 (6)


こんにちは!

大変ご無沙汰しております…

日々の生活に忙殺されてなかなかブログを書けておりませんでしたが、今後は地に足つけて書いていきますッ(`・ω・´)ゞ…たぶん汗

さて、本日はなんと!雨弓さん
@rain_vcやもりぞーさん@morizo_coin主催のイベントに参加してきたので、感想や考察記事をお届けしますッ!!

第2回『What's BitcoinCash』というイベントに参加させていただきました~♪

どんなイベントだったのか、まずご紹介させていただきます!(^^)



style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-2238407661669678"
data-ad-slot="9743657496">




雨弓さん主催、第2回『What's BitcoinCash』とは??

amayumi

第2回『What's BitcoinCash』とは、雨弓さん主催のイベントで、

内容としては、

BCHっていったい何なの?BTCとはそもそも何が違うの?体験してBCHを肌で感じてみようよ!

という仮想通貨の初心者にも大変わかりやすいイベントで、

座談会トークではBCH・仮想通貨・ブロックチェーンの未来まで語っちゃうよ!という内容で仮想通貨の中級者以上でも楽しめ、

当日はガチマジシャンがいらっしゃって「BCH×体験×エンターテイメント」を肌で感じ、

さらにはBCHグッズをタダでたくさん頂けたという、そりゃもう『至れり尽くせりなイベント♡』でした\(^o^)/

また開催されるなら、参加マストなイベントですw

ぼくの参加満足度は『777%over』の確変連チャン祭りくらいですッ!!(`・ω・´)ゞ←(ギャンブル好きがバレる…汗)

さてこのような素晴らしいイベントに参加して、様々な知見を得てきましたので、ぼくなりに紹介していきます!

仮想通貨やブロックチェーンに精通している人は、そんなの当たり前やんッ!!とおっしゃるかもしれませんが、

お付き合いいただければ幸いです m(_ _)m



キーワードは、『マイクロペイメント』と『非中央集権』

今回のイベント参加で、核となる概念を学んできました。

ぼくは『マイクロペイメント=超少額決済』と『非中央集権=中心となる管理者がいないこと』がキーになるのでは?と感じました。

以後、イベントのお話や、お話を通じて感じたことや考えたことの詳細を紹介していきます。



(1)『マイクロペイメント』と『非中央集権』がもたらす変革性とは?

仮想通貨のもつマイクロペイメントや非中央集権といった概念は弱者を救うかもしれない。

なぜなら銀行のシステムを介さない、個人間同士の相互のマイクロペイメント自体で経済運営ができるからです。

具体的には、アフリカや中南米の貧しい国々の人たちは、信用度が低いから銀行口座すら持てていません。

しかし彼ら一人ひとりでさえ、ガラケーかスマホのどちらかはもっています。もしケータイ同士で決済が可能になったら、銀行はいらなくなります。

そんななか、BCHはガラケーの電話番号、つまりSMSさえできればBCHという資産を瞬時に送受信できるシステムを開発しました。

cointext』というサービスですね\(^o^)/

くわしくは多くの方が解説記事を投稿しているので、そちらでサービスの詳細はご確認ください~!



(2)BTC(コア)とBCHの違いについて

『誰でも・安全に・すぐに・安く決済できるシステム』の思想は”BCH”が継承しました。

現在のBTCの開発状況などを支持している人を"コア"と呼び、BCHと真っ向から対立しています。

BTCの産みの親とされる”サトシ・ナカモト”が提唱したBTCの理想の形とは、

『誰でも・安全に・すぐに・安く決済できるシステム』であり、現在のBTC(コア)からはこの制度設計は失われています。

そのかわり、BCHが
『誰でも・安全に・すぐに・安く決済できるシステム』を継承しました。

例えば今は落ち着いていますが、現在のBTCは、価格上昇と共にトランザクション(取引量)が大幅に上昇すると、
手数料が高騰します。

そのためBTCが250万前後までいった1月前後には、ほんの少しのBTCを送付するにも何千円というバカ高い手数料を支払わなければなりませんでした。

なぜこのような制度設計になっているのかというと、スケーラビリティ=送受信の容量が1MBしかないためです。

なのでBTC(コア)は60分で6MBしか処理できず(10分で1MBの処理能力)、トランザクションが大幅に上昇すると手数料が高騰してしまいます。

しかしBCHであれば、10分で32MBの処理能力を持つため(BCHはBTCの32倍の処理能力!)、トランザクションが増えても手数料は安いままです。

つまりサトシ・ナカモトが提唱した
『誰でも・安全に・すぐに・安く決済できるシステム』はいまやBTCではなく”BCH”が継承しておりますッ!!



(3)いつBCHは、また仮想通貨の価格は上がるのか?

今は仮想通貨は木の車状態、ジグソーパズルのように全てのピースがハマったとき、一気に価格は上昇する?!

マイクロペイメントや非中央集権と概念を持ち、

自分たちの生活をさらにより良いモノにしてくれそうなBCHや他の仮想通貨の価格はなぜ上がらないのでしょうか?

可能性の一つとして、仮想通貨のいまの状態は、『木の車』状態だからだと考えられます。

いまや地方では必須の移動手段となっている車という選択肢。しかしいまは車という存在が世の中に出始めた段階で、

乗ったらすぐ壊れる、すぐ修理が必要になる始末です。つまり移動はチャリンコで十分なのです。

他にも買ったとしても盗まれるといった、解決しなければならない問題がめちゃくちゃある状態です。

こんな『木の車』にだれも乗りたくないw

具体的に仮想通貨の解決しなければならない一例をあげると…

送受信の難易度が高くセルフgoxの危険性がある。取引所潰れたら帰ってこない。盗まれるかも。詐欺コインが多い。手数料が高い。購入するのに手続きが煩雑。流動性が少ない。モナコインのようなダブルスペンドアタックの危険性。認知度が低い。実生活で必要なのか?。不正取引防止のための入出金拘束がつらい。

などと、思いつくだけで11コの問題がありますw

しかしこれらの問題を全て解決したときに、いいかえればジグソーパズルのピースが全てハマり、

木の車から鉄製の車やハイブリットカーやEVになったときにはじめて、

急激なバク上げがくるかもしれません。

となると価格上昇のグラフのイメージ図は以下のようになるかもしれません…

aaa


汚い手書きの図で申し訳ございません…(´・ω・`)

縦軸が価格、横軸が時間で、値動きのグラフを表しています。○は問題を解決したときを示しています。

これを踏まえてぼくの予想する仮想通貨の動きは、2~3コの問題を解決したらある程度上がってヨコヨコ、

また2~3コの問題を解決したらある程度上がってまたヨコヨコな値動きになるのではないかと思います。

決して右肩上がりのきれいなカーブの値動きにはならないと考えました。



(4)今後のBCHの開発について

日常決済に向けて?!

今後BCHは日常決済に向けて、スイカやパスモのような、ピッとするだけで決済できるようになるかもしれません。\(^o^)/

雨弓さんのイベントの動画のなかで、端末と端末を間接的に重ねるだけで、BCH決済されている動画をご紹介いただきました。

handcashというサービスです♪ これも詳しく知りたいかたは、他のかたのブログをご参照ください…汗

つまり、BCH決済システムをあらゆる機会や端末に組み込むことができれば、

瞬時に決済が可能となり、スイカやクレカに負けず劣らずの決済機能を有することとなりますッ!!

これは激アツですね!!
(`・ω・´)b



(5)相手にかんたんにお渡しできるBCHッ!!

投げ銭機能で相手にすぐBCHをプレゼントしよう!

プロのマジシャンのかたがいらっしゃいまして、めっちゃ楽しくBCH決済を体験したお話です♪

マジシャンにショーのチップの投げ銭をした話をする前に…

みなさん、BCH決済が『遅い・めんどくさい・手数料が高い』なんておもっていませんか??

ぼくもこの雨弓さんのイベントに参加する前は、BCH決済って難しいんだろうな…なんておもっていました…(´・ω・`)


でもめっちゃ簡単でした笑。

1回やり方覚えてしまえば、『めっちゃ早い・かんたん・手数料がクソ安いッ!!』です♪


具体的に今回のイベントでは、Bitcoin.comのウォレットをダウンロードしました。

そのウォレットにBCHを入金します。今回は参加費の4000円のうち2000円分がBCHでこのウォレットにキャッシュバックされました!

その後ハイネケンを買うべく、このウォレット決済を試したのですが、速攻でしたw

相手(Aさん)が決済画面を開いているので、相手のスマホのQRコードをスキャンします。

すると数秒後、自分のスマホ画面に取引画面が生成され、相手(Aさん)に〇〇円分のBCHを送付しますがよろしいですか?と表示されます。

OKなら画面に表示されているバーを横にスライドするだけ、そして数秒後、決済完了なのですッ!!

手数料も0.2円以下でした♪

つまりBCH決済はやりかたさえ覚えれば、

現金やクレカに負けず劣らずの『
めっちゃ早い・かんたん・手数料がクソ安いッ!!』決済手段なのですッ!!(`・ω・´)b

話を戻して、
マジシャンにショーのチップの投げ銭をした話ですが、

マジシャンのかたが、いまからマジックをしますが、

よかったとおもったかたは自分のBCHのアドレスを紹介するのでここにBCHのチップの投げ銭をお願いしますとお話されていました。

また日本は特に現金を人の目の前でチップ代わりに投げ銭するという文化がないため、

ストリートパフォーマンスでは全然チップをいただけないと嘆いていました。

そういった意味では瞬時に・少額から・不特定多数に送金できる仮想通貨は、

投げ銭やプレゼントするといったサービスやエンターテイメントと非常に相性がいいと感じました。

ちなみにマジシャンのかたのパフォーマンスはめっちゃハイレベルで、とても素晴らしい時間が過ごせました\(^o^)/

キャッシュバックされた2000分のBCHは、ハイネケンと投げ銭で消えましたww



(6)仮想通貨やブロックチェーンが変える未来

マイクロペイメントや非中央集権が変革する世界の今後について

第2部として、開発者トークというものが開かれました。

主催者の雨弓さん
@rain_vcと、Juke boxのけんじさん、Yenomのうさみさん@usatieの3人の対談があり、

そこで将来の展望が開けた気がします♪

まず仮想通貨のマイクロペイメントや非中央集権といった概念やブロックチェーンは、世界をより良いものに再構築するツールだということです。

いつでもどこにでも自分が応援したい人に瞬時にお金が届けられる、または自己や他者の承認欲求を満たすものとして使われる可能性がある、

これらは画期的なものだということでした。

また非中央集権という概念が強く出ると、世界が混沌とした無法地帯となってしまうのではないか?という問いに対しては、

決してそうなることはない、なぜなら仮想通貨やブロックチェーンの持つ非中央集権という特性は、

自分たちに新たな選択肢を与えるものであり、決して一方方向に考え方や方向性を示していくことではないからということでした。

いいかえれば、中央集権的=責任、非中央集権=自由というイメージですが、あくまで自分たちに自由の選択肢を1つ与えたにすぎないということでした。

ただ非中央集権的という特性が今後自分たちの生活をどのように変えていくのかという問いに対しては、

個人が自分を中心とした自立圏・地域社会を作ることのできる画期的な革命になるだろうという意見も伺いました。

さらに基軸通貨の歴史の話が出て、150年周期で基軸通貨は変化しており、

いまはドルだけれど今後は仮想通貨になる可能性は大いにあるだろう♪というお話も伺いました。

また仮に仮想通貨が基軸通貨にならなくても、いつでもフィアット=法定通貨に変えられるという特性は、強みであるとも伺いました。



(7)さいごに

感謝!(*´∀`*)

今回はじめて雨弓さんのイベントに参加させていただいたのですが、めっちゃ楽しくてあっという間に時間がすぎました…

以上、遅くなりましたが、雨弓さん主催のイベントの体験談・考察とさせていただきます。

この場を借りて、このような素晴らしいイベントを企画していただいた雨弓さん、もりぞーさん、宇佐美さん、けんじさん、スタッフの方々、誠にありがとうございました!!

めっちゃ楽しい会でした♪

もし次回もありましたら参加させていただき、見識を深めたいとおもっております。

また今回のイベント参加後、私も一つ心に決めたことがありまして…それは、

『仮想通貨やブロックチェーンの未来は明るい、ぜひ仕事として携わりたい!(`・ω・´)ゞ』

ということです。ステージでお話されている方々の表情はとてもキラキラしていて自分の心が動かされてしまったんですよねw

もちろんいますぐ転職して本業として携わるのは厳しいです。いまや副業OKな時代ですから再度ブログに熱を入れるのか、

語学力を磨いて海外の取引所やポータルサイトに応募するのか、それともプログラミングを学んで製品を作るのか、

手段はたくさんあります!一度しかない人生、やりたいことに情熱を捧げる人生にしたいとおもいます!

そこでとりあえず、ブロックチェーンのセミナーにはいってみようとおもい、次はこんなイベントに行ってきます↓↓

【第2回開催決定!】Blockchain for Development 〜ブロックチェーンが開く国際協力の新たな可能性〜

今って探せば無料や有料でいろんなセミナーサイトがあるんですね!その中から一つ選んだので行ってまいります♪

行きましたら、また体験談として報告したいとおもいます♪(*´∀`*)

みなさんも、こういう仮想通貨やサービスや体験、こんなおもしろそうなイベントがあるらしいよという情報を入手されましたら、

ぜひ情報交換していただけると幸いです。

最後にイベントでいただいたお土産を紹介しておわりますw

Tシャツが一番のお気に入りですね♪ 

bbbbbbb


今回は以上!、ご感想はコメント欄まで♪  それではまた~(^^)/


がんばりますので、応援クリック頂けますと、とてもうれしいです(><)

仮想通貨ランキング



【随時更新・オススメ記事まとめ】

いままで投稿したオススメ記事の索引です♪(*´∀`*)


恋する借金マン、つばき(@tubaki_tokyo1)です!


【本日のテーマ】

資産運用expo行ってきたお~♪(●´ω`●)


資産運用expo行ってきたお~!



資産運用expo
にいってきたお!(`・ω・´)ゞ





日時:2018年の1月25(木)~27日(土)

場所:東京ビックサイト

参加費:事前に招待券を発行すれば無料!

内容:不動産・株・先物・金・仮想通貨?などの120社が出展する日本最大級の資産運用のイベントでした♪


pdf


いろんな情報収集ができたイベントでした♡

マブダチの投資仲間の一人と一緒に回ってきました。

彼はシステムトレード系が強くて、自作でシミュレーションを組んで運用してます!

ぼくと系統が全然違うので、お互い話すたびに良い刺激になります!

それに資産2000万overとうらやましい…笑

話を元に戻しまして、会場には株や為替や不動産や仮想通貨や先物など、

いろんなブースがありました。

正直スカスカのブースと混んでいるブースがありましたね!

また50%前後が不動産のブースということで、不動産バブルを感じましたw

ここからいくつか当日取った写真を紹介しますッ(`・ω・´)ゞ



自動売買ツールのトリラピ~♪
トリラピ


金などの先物を上場している取引所~♪
金


zuu onlineを運用している本体がお金の学校を開くようです!
お金の学校


仮想通貨のブースもありましたw
仮想通貨


マイニングの機器を実際に見てきました♡ きれいでしたw
マイニング


マイニングの現状について解説がありました!
マイニング2


次回の資産運用expoの予約は既にこんなに埋まっていましたw
次回



いかがでしたでしょうか?

会場の雰囲気が少しでも伝われば幸いです(●´ω`●)

そういえば、金先物のブースで金融マンとお話しましたが、

やっぱり金融マンっていいわぁ~♡

頭の回転速いし、専門用語で相互に会話のキャッチボールできるし、

自分にはない観点や知見も得られたし、

最高でしたww

もっと投資仲間ふやしたいなぁ~と痛感しました…

次回の資産運用expo開催も決定しているようで、ブースの枠も2倍になるようなので、

みなさん次回は参加マストですよッ!!(`・ω・´)ゞ

それではまた~(^^)/


がんばりますので、応援クリック頂けますと、とてもうれしいです(><)

仮想通貨ランキング



【随時更新・オススメ記事まとめ】

いままで投稿したオススメ記事の索引です♪(*´∀`*)


借金マンである、つばき(@tubaki_tokyo1)です!


【本日のテーマ】

資産運用expoってなんだ??行ってくるお~!(●´ω`●)


資産運用expoってナンだ__


資産運用expo
にいってきます!(`・ω・´)ゞ





日時:2018年の1月25(木)~27日(土)

場所:東京ビックサイト

参加費:事前に招待券を発行すれば無料!

内容:不動産・株・先物・金・仮想通貨?などの120社が出展する日本最大級の資産運用のイベントらしいです♪


pdf



おもしろそうなイベントができたんですね!

なんかイベントないかな~とおもってネットサーフィンしたら見つけちゃいました♡

ちなみに第1回目の開催とのこと。

ぼくは速攻で招待券申請しまして、実はもう家に届きました!(`・ω・´)ゞ

当日招待券なしですと、5000円?!参加費がかかるそうです…汗(ボッタクリですね笑)


現時点での参加企業の一覧を見ていたら、

仮想通貨のマイニング企業も出展していましたので、

見に行こうかななんておもっています♪


このブログは仮想通貨のネタが旬なので取り上げまくっていますが、

借金返して1億くらいの資産を形成できれば、何に投資してもいいとおもっているので、

当日は幅広く投資に関して情報収集しようかなとおもっています。

株や仮想通貨や投信は、ある程度体験に基づいた知識がありますが、

商品先物・貴金属・CFD・FX・マイニング・不動産などは弱い分野なので、

このあたりを重点的に見る気がします…(´・ω・`)

様々な企業が出展するようなので、参加できそうな人は行ってみて損はないとおもいます。

ぼくは投資仲間の1人と一緒にブース回る予定です!

企業ブースの他に、講演会もかなりの本数があるようですよ!

興味のある方は是非♪(*´∀`*)

それではまた~(^^)/


がんばりますので、応援クリック頂けますと、とてもうれしいです(><)

仮想通貨ランキング



【随時更新・オススメ記事まとめ】

いままで投稿したオススメ記事の索引です♪(*´∀`*)


つばき(@tubaki_tokyo1)です!


【本日のテーマ】

ブロックチェーンラボカンファレンスに参加してきたぞ!!



入り口

種類

ブロックチェーンラボカンファレンスとは?

ブロックチェーンラボカンファレンスの解説記事

conference-jp

conference-jp[1]


2017年11月11日(土)東京のグランドプリンスホテル新高輪の

ブロックチェーン&暗号通貨のカンファレンスのイベントに参加してきました!





メインイベント:パネルディスカッション

朝いちのメインイベントであるパネルディスカッションの報告です!

各企業のトップ7人くらいによる、仮想通貨やブロックチェーンの討論会でした!

もちろん司会者以外はAll English です♪(`・ω・´)

通訳機器の貸し出しもありましたが、全然通訳さんがだめでした笑。

理由は、通訳さんが仮想通貨の知識に全然対応できていなくて、

うまい訳ができていなかったのです…(通訳さん、お疲れ様です!)

なので、通訳機器抜きに、

学生時代にバンクーバーに4ヶ月留学した時の英語のリスニングをフル回転して聞いてきました。(*´ω`*)

聞き取れて重要だなと感じたところをご紹介します。


ミーティング


ブロックチェーンの影響

インターネットが世界を変えたように、ブロックチェーンの技術は生活の本質を変える。

身の回りの衣食住の分野で、改ざん不可で、低コストなサービスの開発・導入など。



セキュリティに関して

セキュリティは今後ますます強化されていくだろう。

しかしセキュリティ問題の本質はブロックチェーンの技術的なところではなく、

人為的な問題によって引き起こされると考えている。



ブロックチェーンが貨幣に与える影響

・moneyless(物理的な紙幣を持たなくてもよい)

・borderless(国境なく使える)

・countryless(国に関係性をもたず・国に所属しなくても・国に依存せず使える)

・freeopen society(だれにでも開かれている社会)

・free access(だれでも平等に参入できる)

・no-isolasion(みんなとつながる)



ブロックチェーンは実物の貨幣の存在を駆逐しない

あくまで選択肢がふえ、使用される優先順位が変わる可能性があるということ。

いままでは紙幣の決済が多い→今後は仮想通貨などのデジタルな決済が多くなり、次いで紙幣の決済の順になる。

【解説】電子マネーや仮想通貨の存在により、わざわざ紙幣や小銭を持ち歩く人はへった。

しかし実物の貨幣のメリットとして、実物があるから信用性があり・決済が円滑に進むという利点がある。

ブロックチェーン上での決済は見えないため、確実に決済できているかわからないかもしれない。

だからこそ、ブロックチェーンは貨幣の存在を駆逐せず、

あくまで決済の選択肢が増えるにとどまり、共存の道になるだろう。



ブロックチェーンの今後の展望や課題

・既存の古いシステムや既得権益を破壊し、より平等でべんりな制度やサービスを構築できる可能性がある。

・デジタルIDの概念…本人でなくても、ログインしたい人のIDとパスを知っていればログインできてしまう問題も…

・ブロックチェーンは金融界にはびこる儲けるという強欲さはない。

社会をよりよい方向に変革させるという良いエネルギーから生まれ、今後もさらに変革させ続けるだろう。







会社紹介を見て聞いて感じたこと!

パネルディスカッション終了後に、CTCとQtumの会社紹介を聞きました。

2


CTCは、旅行に行った後にでる、余った通貨を暗号通貨に変え投資できるようにするサービスでした。

社長は日本語でお話されまして、ウケ狙いのお話もちょこちょこ入れてくださったので、

予想していたよりはおもしろいかなと感じました。

しかし正直この人が社長で大丈夫かな?とも感じました(あくまで個人的意見です。)

なんかふわふわ浮ついた感じがして、ぼくは投資しないなと感じました笑。

あとでこのブースに足を運んだのですが、

受付のおねえちゃんも少し態度悪かったのは残念でした…(バイトだったのかな?)



1


次にQtumの社長の会社紹介を聞きました。

すみません、正直社長のお話を聞いてどういう会社かはわかりませんでしたが…Σ(゚д゚;)、

めっちゃ英語の発音とプレゼンがうまいな!と感じました。

おそらくチャイニーズの方なのですが、発音がきれいで、ご講演された企業の社長の方々のなかではダントツの聞きやすさでした!

プレゼンもめっちゃうまく、とても情熱的だと感じました。しかしプレゼン資料は文字が小さく見にくかったです…笑。

ただ、話す人に好感をもてると、その企業のことを知りたくなりますよね♪べつに買わないですが…(*´ω`*)



以上2社の会社紹介を聞きましたが、20分という枠では十分に理解するのは厳しかったとおもいます。

自社に興味をもたせるきっかけという意味合いが強かったのかもしれませんね!







企業のブースを訪問して


書類


最後に企業のブースを訪問しました。

約15~20社あったとおもいます。でも正直いまいちでした。

まず各企業の会社紹介のパンフレット置いてなさすぎィィ!全然会社の中身がわからんぞw

そしてスタッフの対応微妙すぎィィ!翻訳のスタッフ(おそらくお手伝いの留学生)の適当さよ笑。

最低限のところをしっかりしてもらわないと、

まず企業の紹介を聞く気にはなりませんし、ましてや投資しようとはおもいませんよね!

でもいろんな企業の人とダイレクトに話せたのはよかったです!\(^o^)/





まとめ

今回初めて、仮想通貨の大規模なイベントに参加しました。

申し込みは約2000人だったそうです!Σ(゚д゚;)

いいところ、わるいと感じたところ、いろいろありましたが、

自分の目で見て聞いて触れることが重要だと痛感しました。

みずから行かないと、今回のような学びは決して得られません。

なので今後もこのようなイベントがありましたら、積極的に参加していきます!

ぜひ応援よろしくお願いします!(^^)



読んでいただき誠にありがとうございました!m(_ _)m

投資は自己責任でお願いいたします。

今日も投資で笑顔になれますように♪





がんばりますので、応援クリック頂けますと、とてもうれしいです(><)

仮想通貨ランキング






【自己紹介】

 ご挨拶

ワイの証券マンの生活を振り返りますw part1




【ポートフォリオ・バランスシート】

超絶メシウマ案件!gmoコインの審査落ちんだけどw でもこんなB/SとPFじゃ無理か!?(´・ω・`)

ブログ書くべし!最新のポートフォリオ紹介するべ!(`・ω・´)ゞ


暴落耐性のある仮想通貨のポートフォリオの作り方♪(●´ω`●)





【ICO・IPO系】

はじめての海外ICOでつまずくところ・重要なところを紹介します!

今後ICOはどうなる?!規制・繁栄?ワイは共存かと!

まだICOしかやってないの?いまIPOめっちゃ儲かるで♪




【投資信託】

まだ投資信託もってないの?投信で毎月5万・40年で1億作ろうぜ♪(*´∀`*)




【株式・先物】

仮想通貨下がっててやることないので、相場分析します♪
(記事中で、日経先物とVIXのETFの記載があります。)




【100倍銘柄】

ADKやばいよやばいよ~良くも悪くもぶっ飛んでる!

100倍銘柄は自力で探せ?! インフルエンサーは語る!(`・ω・´)




【イベント】

ブロックチェーンラボカンファレンスに参加してきたぞ!!

資産運用expoいってきたお~♪(●´ω`●)


↑このページのトップヘ